地元の素材を使ったお菓子で、西条のことをもっと知ってほしい。

菓子工房mikeオーナー/ 三宅 崇さん

幼いときからお菓子が大好きだった三宅崇さん。
広島や大阪、フランスで修業したのちに西条にて菓子工房mikeをオープンしました。
「一作一心」をモットーに東広島の素材を生かした商品がお店に並びます。

酒処西条の2種類の甘酒を使った看板商品
『酒蔵通りの甘酒たると』が人気です。

三宅さんが西条の魅力に気付いたのはお店を開いてから。
もともとは福山出身で、子供のために環境の良い場所として西条を選び、酒蔵の存在を知りました。
「これはぜひしってもらいたい!」という思いで「甘酒タルト」が生まれました。

「何でも作りたくなっちゃうんですよね。」
そう三宅さんは笑いながら言います。

この素材はどうやったらおいしく食べることができるんだろう、
これはどうやってできているんだろう、
そう思ったら作っちゃう。

おいしいものや、新しい発見は
ほかの人にも教えてたくなっちゃって、
大好きなお菓子の魅力を伝えたい、と思ったらお店を開いてたそうです。

絶えることない好奇心と、お菓子への愛情が
今日もお菓子屋さんのシェフの背中を押します。

【この記事を書いた人】佐藤 歩

体験のご紹介