農家は毎年1年生です

甲斐農園 / 甲斐 直樹さん

東広島市で唯一瀬戸内海に面する町、安芸津町。

温暖な気候に恵まれ、牡蠣、じゃがいも、びわなどがこの土地の特産物です。

今回みちしるべがご紹介するのは、安芸津町で新規就農者として農業を営む、甲斐農園の甲斐直樹さん。

甲斐さんは大学時代、千葉の野菜農場で野菜を育てて収穫するアルバイトをしていました。

「手をかけたら応えてくれる植物たちの姿に心をうたれちゃって」

土地や気候によって育つ作物が異なり、その土地に合わせた栽培技術があることを知った甲斐さんは、農業の奥深き世界に引き込まれ、全国の農地を渡り歩きます。

気温や日照、雨量、土壌の栄養バランス、様々な歯車が上手くかみ合わさったとき、のびのびと育つ作物。

「農業は謎解きゲームのようなものです」

どんなにベテラン農家さんでも毎年1年生。同じ方法で育てても上手くはいきません。
今年はどうしたらうまく作物ができるだろうといつも考えています。

甲斐さんと安芸津町の出会いは、農業系の求人サイト。
「瀬戸内広島の眺め」「赤土」「じゃがいも」というキーワードに惹かれこの地にやってきました。

安芸津で農業を続けた一番の決め手は、地元の方々が自分の農業を応援してくれたこと。地域の人の協力や理解が基礎になっています。

現在はレモンとじゃがいもの栽培に力を注ぐ甲斐さん。

「なるたけMAXのパワーで安芸津を盛り上げていきます」

新規就農者の受け皿となりつつ、自分自身も安芸津町を開拓して生産拡大していきたいと思っています。

地域への恩返し。農業の世界の門を開き、安芸津町で仲間を増やしたい。
若きレモン農家は今日も笑いながら汗を流します。

 

【この記事を書いた人】足立 汐音

体験のご紹介

体験は現在準備中です。